真野ジュニアバドミントンクラブ30周年記念事業

真野ジュニアバドミントンクラブ30周年記念事業

2018年7月16日(月・祝)28日(土)

企画提案者:NPO法人ライティング心と未来 びわ湖バトミントンスクール

開始日:2018/02/01

終了日:2018/07/27(残り-1159日)

分類:

目標金額:500,000 円

現在の達成率:86,000円(17.2%)

プロジェクト

真野ジュニアバドミントンクラブ30周年記念事業

いつ?
2018年7月16日(月・祝)28日(土)
どこで?
大津市立和邇市民体育館(28日) 真野小学校体育館(16日)
だれが?
すべての市民(小・中学生、高校生、大学生、社会人、主婦、高齢者、障がい者)
なにを?
(28日)びわ湖バドミントンスクールオープンバドミントン大会、バドミントン健康法に関わる講演会(キネシオロジーの田中信二先生、高周波を出す水琴窟の大橋智夫さん、数秘学の鴨川泰江さんを候補として考えています)
(16日)スーパーヘアピン大会(ネットを挟んだ武道としてバドミントンが生涯出来るように老若男女を問わず、障がい者も含めて、みんなでバドミントンを楽しめる仕組みをつくっていきます)、クロスミントン・ストレッチなどと14日の講演で学んだ実践教室
なぜ?
①バドミントンを国技にして国民の健康維持を図る
②青少年の健全育成につなげる
③日本古来の羽子板文化を継承する
④パラリンピック・スペシャルオリンピックなど障がい者スポーツの発展育成を図る
⑤人生100歳時代の健康増進を目指す
⑥将来の指導者養成に取り組む
どのように?
(28日)和邇市民体育館バドミントンコート6面でダブルスの試合、2階会議室で講演会
(16日)真野小学校体育館でヘアピン大会など

プロジェクトの概要

~羽道を世界に広めよう、新たな挑戦~ 大津でジュニア対象のバドミントンスクールを始めて30年。その成果と更なる未来の発展を目指して記念事業を行ない多くの市民の参加を募る

プロジェクト達成後に期待される事

プロジェクト達成へ向けた協力者への呼びかけ

参考資料

実施要領

7月16日のスーパーヘアピン大会の実施要項と申込み書です。

ヘアピン大会実施要項

7月28日のオープンバドミントン大会の実施要項と申込み書です。

オープンバドミントン大会大会実施要項

企画提案者:NPO法人ライティング心と未来 びわ湖バトミントンスクール

真野ジュニアバドミントンクラブ30周年記念事業【活動報告】

(1)平成30年7月16日(月・祝)9時30分~

スーパーヘアピン大会  真野小学校体育館

主催:NPO法人ライティング心と未来 びわ湖バドミントンスクール

主管:真野ジュニア30周年実行委員会

後援:滋賀県 滋賀県教育委員会 大津市 大津市教育委員会 大津市体育協会

参加者:男子25名 女子35名 計60名

この事業は、スーパーヘアピン大会(びわ湖バドミントンスクールオリジナル第4回)、バドミントン初心者講習会、ラリーラリープログラム(日本バドミントン協会2020応援プログラム)を兼ねて実施した。

初心者講習会では、元五輪代表の古川(山本)静香さんによる指導が行われ、参加した子どもたちは熱心に練習をし、「うまくなりたい」という望みを述べていた。

2020年の東京オリンピックでの日本選手の活躍に大きな期待が寄せられている。

 

(2)平成30年7月28日(日)9時~

びわ湖バドミントンスクールオープン大会(第2回) 大津市立和邇市民体育館

主催:NPO法人ライティング心と未来 びわ湖バドミントンスクール

後援:大津市 大津市教育委員会

参加者:男子52名 女子44名 計96名

この大会は、第3回全国バボラカップトーナメント滋賀県予選会を兼ねて実施した。